赤い車

車と違う原付の色んな魅力のお話

バイクと自動車の相違点

青い車

バイクと自動車の違いの大きな点は、バイクは基本的には二輪車で、自動車は四輪車であるので、乗り物としてついているタイヤの数や大きさが異なります。バイクは基本的に前後に2個のタイヤがついていて、自動車は前後に4つのタイヤがついているが、バイクの場合は走行する事によって重心が前に行くので、不安定な状態を維持しながら走る事が特徴なので、何か物に当たるとすぐに転倒するという不安定な部分があるが、自動車の場合は四輪として重心がバランスよく取れているので、少々の衝撃では転倒しない所が安定しています。ただし、乗り物にかける費用に関しては圧倒的にバイクの方に分があって、バイクに関しては自動車に比較してバッテリーや燃料を使う事がなくて、乗り物としてあまりバッテリーの交換や燃料の補充をしなくても長く乗る事ができることが利点です。バイクに関してバッテリーの交換をほとんどする事がないです。また、タイヤがパンクするなどの破損が生じた時に自動車に関しては、タイヤを交換する時が大変です。バイクのタイヤの交換は、タイヤがパンクした時に最寄りの二輪の販売店が多く点在しているので、すぐにパンクの修理ができるが、自動車の場合はレッカー車で修理屋に運ぶので、運ぶ際に少し面倒です。

リスト

Site map

Copyright © 2017 車と違う原付の色んな魅力のお話 All Rights Reserved.